中古車売却でオークションを利用するメリッとデメリット

一般の人が中古車オークションを利用するなら代行

中古車を売却したい場合に利用できる中古車オークション、対象は全国になりますし中間マージンの存在がないので高値で売却できる可能性があります。

しかしこのオークションへは基本的には「古物許可商資格」をもつ人のみ立ち入ることができるため一般人は参加できません。

そこで中古車オークションへの売却代行サービスがあります。

中古車オークションを利用するメリット

中古車オークションを利用する場合メリットとしてその価格がまず挙げられます。

オークションでは売却側と購入側との取引のみになりますので、通常の取引のように間に誰かが入ってマージンが取られるリスクがなくなります。

とはいえ代行業者を利用する分別途手数料が必要ですのでそのメリットは若干薄れますがそれでも高い売値を期待できます。

また、オークション会場は全国にあり、各会場はそれぞれ特色があります。

そこで売却したい車にあった会場を選択すれば売却額の幅が広がる可能性があります。

そして売却する際にはこちらは消費税を取ることができます。

これから消費税はあがる可能性も高いので、その時々によりますが数パーセントほどを実質売却額に上乗せして売ることができます。

中古車オークションを利用するデメリット

デメリットとしてはやはり売却額が結局のところ報告書を確認するしかなく、実際どうだったかは確認がしにくい点です。

思っていたより安くなる可能性もあればその逆もあります。

これには事前に最低落札価格を指定しておくことでリスクを減らせます。

また、オークションですので落札者がいなければそもそも売れないこともあります。

その場合は手数料のみの支払いになります。

そのとき人気のあるものやそうでないものはある程度把握しておくといいでしょう。

こういったリスクは大手の業者になれば少なく済ませることはできますが、代行業者には歴史が長い大手というのはあまり存在しないのが現状です。

そのためある程度こういったリスクは承知の上でよく話し合って決めるということが大切です。