車を売って支払いまでの流れとは

新車、中古車を購入し、下取りに出した車は基本的に納車と同時に引き取られるため、下取り車は車両金額から引かれます。

しかし、買取の場合は違います。

ガリバーやビックモーターなどは、査定をし、決まってしまえば車を持って行ってしまいます。

その査定金額は基本的に一週間ほど時間を置き、指定口座へ振り込む形になります。

買取の場合は、基本的にはこの流れになり、買取業務終了となります。

しかし、この他の大手買取業車ではなく、ディーラー経由で買取をする業者は少し違います。

ここで言うディーラーを経由する買取業車は、個人的に取引している買取業車です。

普通は自社で下取り車を収めるのですが、個人的な取引によって通常低い下取り金額を上げ、その分の金額を懐に入れてしまうのです。

この業者と取引を行うことはディーラーは禁止しており、バレれば解雇は必須です。

ほとんどの営業マンは行なっていると考えても良いでしょう。

その際の支払いは全て現金になります。

振り込みも行えますが、お客様も入るので、現金での取引が多いです。

そうなってしまうと、少し不安になります。

この買取業車は結構多く、ディーラーに流れる質のいい車を求めています。

もし仮に商談して、翌日知らない営業マンが一緒に訪問したら疑ってください。

きっと直接現金取引の買取になります。

一般的な買取業車になれば、直接現金取引はあまりありません。

銀行を経由しての取引になるはずです。

買取業界も激戦で、常に相手より金額で勝っていなければいけません。

車に置いて信用度の高いディーラーの中で潜伏しています。

もし経験があれば、実際の査定金額から営業マンにお金が流れているでしょう。

中古車の支払いは結構、問題になることが多いです。

お客様に何も伝えず、業者に渡す営業マンもいます。

契約してからでは遅いので、店舗の店長に話をしてみるのも有効なことです。

安心あるディーラーへの下取りが希望であれば、必ず確認しましょう。