車を売る時はコツとタイミングをおさえておくこと

車を売る時に一番気になるのが買取り金額ではないでしょうか。

誰でも少しでも高く売りたいものですよね。

車を売る時は、売る時期や売るタイミングによって値段が違ってきます。

車を売る前に売る時のコツをしっかり知ってから、損のないように愛車を手放すようにしましょう。

初めて車を売る人は知らない人が多いと思いますが、車を売る良いタイミングは、季節やモデルのチェンジの時期によって買取り価格が違ってきます。

高く車を売りたいのならおすすめの時期は、1月から3月の時期と、9月から10月の時期になります。

3月は新しく車の免許をとった学生さんや就職祝いに車を買う人が多いからです。

特に3月に多い免許とりたての人は、中古車を求めるので、業者はたくさん中古車を買い取って確保しておきたいので、高く買いとってくれる可能性があります。

3ケ月ごとに車の買取りのおすすめの時期があり、決算時期の3月、中間決算の9月、ボーナツの時期、6月と12月があります。

車を売るタイミングで気をつけてほしいのは、車は自動車税があり、自動車税は一年分を前払いで払う必要があります。

4月1日の時点の保有で変わってくるので4月1日の前に車を売るとスムーズな売却をすることができます。

自分の乗っている車によっても変わり、オープンカーなどは夏の定番なので春頃に売るほうがよいでしょう。

買取り金額が大きく変わるのが一番大きいのは、車の年式や新しい新型のモデルチャンジの時で、新しいモデルの車が販売されると査定が大幅にさがってくるので、この大事なポントは知っておくとよいでしょう。

車が車検をいれる時期だとしたら、車検を受ける前に売ったほうがお得になります。

車検を入れても逆に損をする場合があるので気をつけておきましょう。

車の査定額がかなり下がるタイミングはありますが、これらをしっかり見極めて、あとは自分が売りたい時が一番ベストな車の売るタイミングだといえます。

おすすめのサイト:中古車の高い買取査定.com